20代はよくしてました

20代から30代にかけては2ヶ月に一回くらいはヒゲ脱毛をしていました。やはりそれは見映えがよく見えるようにすることだったと思います。特に女性を意識する年頃だったこともあって人に見えるところは必ずやっていました。夏になるとTシャツなりますのねそうすると腕の毛だっり、VネックのTシャツを着ると胸毛が見えたりするので気にしてケアしていましたね。スポーツジムで着替えるときも意識していましたね。周りは当然男性ばかりなんですが、恥ずかしさはあるんでよね。私自身は筋肉質ではないので服を脱ぐと毛が目立ってしまうんですね。だから余計に恥ずかしかったというのもありました。プールや海も体毛が濃くなった高校生くらいからは一度も行っていません。「体毛がもっとうすければ青春をもった楽しめたのではないか」と思うこともあります。そんな中でも自分で「ここは生えてても問題はない」と思える箇所はあります。それは脇とすねです。何か「ここは生えててももいいよね」、むしろ生えていなかったらなんとなく違和感を感じるよねと思っています。なんでだろうと考えた時にそこが生えていないと「体毛が無さすぎる」と定義しているのだと思います。 人はちょうどいいという感覚が好きなんだと思います。 今は40代になってほとんど脱毛はしていませんが、若いうちはやはりしたほうが青春を楽しむことの幅はひろがるのかな〜と思いました。身体のことなので変な機材やを使うことはやめたほうがいいかなと思います。皮膚に異常をきたしてしまっては本末転倒なので。私はクリームを主に使っていました。塗ってそのまま拭いとるだけなので簡単だし、後片付けも楽かなと思います。ただ処理としては1、2ヶ月に一回はやる必要があるのでそこは時間を使ってしまうことにはなりますね。あとは通信販売で出ているものも使ったことがありました。これはテ塗った上からテープを使って剥がすタイプのものでだいぶ痛みを伴うものでした。最後に一言。自分の身体は大切に。